読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京

久しぶりの東京!

今回はわたしには珍しく事前に調べて少し計画を立てて行きました。

 

 

まずは渋谷ヒカリエ

 

雑貨と服がごちゃ混ぜに並んでてなんでこんなやたらおしゃれなんだと思いながら入店10分で衝動的にイヤリングを購入してました。

 

いいものが買えたので後悔はしてない。

 

さらに渋谷をぶらぶらしてたらイタリアで買ったチョコのお店を見つけて感動!

 

確か名古屋にもあるはずなんだけど偶然見つけたのが嬉しくて買ってしまいました。

 

f:id:mme_ri:20170326224826j:image

 

そしてライブ!

 

昔の曲とアンコールのセッションが楽しかったよ。

前より年齢層低くなった気がした。

 

夜はスカイツリーの真下でおいしいごはんとワインを飲みました。

 

f:id:mme_ri:20170326225119j:image

 

なんだかとても疲れてすぐ寝てよく寝たと思ったらまだ4時。

 

最近のわたしは寝れなさすぎて怖い。

 

朝にめっきり強くなったわたしは9時過ぎにホテルを出てモーニングに向かうのでした。

 

f:id:mme_ri:20170326225245j:image

 

中にストロベリーソースとカスタードクリームがたっぷり入っていておいしかったよ。

 

そして国立新美術館で催されているミュシャ展に行きました。

 

世界初公開の絵もあるということで今回東京に行く機会に絶対ここは行きたいと思ってました。

 

f:id:mme_ri:20170326230117j:image

f:id:mme_ri:20170326230129j:image

 

とりあえず絵がとても大きくてどうやって海外から日本に持ち込んだのか、美術館に運んだのか気になった。

 

絵も詳しいことはわからないけど細かくて繊細で迫力がすごかったです。

 

ミュシャの生きた時代が第一次世界大戦第二次世界大戦の狭間で、世の中の不安定さを過去のスラブの歴史に投影していたのかなと思いました。(絵の解説文と浅い歴史の知識からだから正しいかわからない…)

 

学生時代に世界史から逃げてきたから、こういうところで解説読んでも半分くらいしか理解できないのがほんとに悲しい。

 

西洋の絵画はキリスト教に色濃く影響を受けているものが多いから、もっと宗教についても知っていたら全然見方が変わるかもしれないね。

 

時間をもっと有意義に使って知識も増やしていきたいものだなぁ。

 

最後にミュシャの自画像だよ。イケメン。

 

f:id:mme_ri:20170326230214j:image

 

ランチは六本木に行きました!

 

初めての六本木はおしゃれな人ばかりで田舎者のわたしは若干怯えていました。

 

ハンバーグふわふわでおいしかったよ。

 

f:id:mme_ri:20170326230334j:image

f:id:mme_ri:20170326230345j:image

 

東京はそこらへんにいる人が普通に美人でびっくりする。(名古屋は綺麗な人を見つける方が大変…)

 

顔が整ってるだけじゃなくおしゃれが背伸びしてなくて自分に何が似合うかちゃんと分かってて洗練されてるなぁと思いました。

 

憧れもあって東京に住んでみたいとも思うけど、名古屋に戻ってくるとこののんびりとした足取りとなんだか冴えない雰囲気も安心するなと思うのでした。

 

2日間付き合ってくれたみつおさんありがとう。

 

今回は目的が明確だったのでとっても充実した楽しい旅行でした。